※この製品は生産段階の各理由により使用は可能ですが各箇所作りに不備がございます。

お客様のご都合による返品はうけつけておりません。お手入れ方法に関しては こちら の詳細説明をご参照お願いたします。

当サイト左上画面より英語、日本語の切り替えができますがお受け取りご住所は日本語でご入力頂くようお願いいたします。


※黒、青、灰中、青色に関しては写真よりかなり濃い紺色になっております。

こちらは染料ではなく蝋引き処理の量が多くなってしまったために

起きている現象です。使用していく、もしくは陽に当たることで徐々に薄れて来ます。


※この商品は日本国内のみ発送可能です。


紙のように薄い財布「Tenuis3」とは
Tenuis3(テニュイス3)」は薄さ6mmの、とにかく薄い財布。ただ、薄い財布でありがちなのは、
素材が薄いため耐久性が犠牲になってしまうことと、お札やコインを入れると財布が膨らんでしまうこと。


「Tenuis3」は、ヨットの帆に使われることでも知られる薄くても耐久性の高い帆布(はんぷ)と呼ばれる素材と、

革の中でも質が高く耐久性のあるゴートレザー(ヤギ革)を使用することで、厚さ6mmでも長く使えるタフな財布に仕上がりました。


2つあるメインのカードポケットは重ねずに並列に配置することで、かさばらない財布を実現。コインポケットにも独自に開発した

ディバイダー(仕切り)」を付けることでコインが均等に広がりやすい仕組みになっています。


「Tenuis3」は、350万円を超える支援を獲得した「Tenuis2」の後継モデルで、

帆布製品に定評があるブランド「Solahanpu」を象徴する商品。6mmの薄さが特徴だった前作から、

ものを入れても変わらない薄さ」をコンセプトに、大きく進化を遂げたミニマルな財布です。


ゴートレザー(ヤギ革)と帆布素材を採用した理由
薄く設計されている「Tenuis3」の最大の懸念は耐久性でした。薄く作るためには、採用する素材も薄くする必要があり、耐久性が犠牲になりやすいのです。その6mmの薄さを可能にしてくれたのは、ゴートレザー(ヤギ革)と帆布(はんぷ)という財布としては珍しい素材。


ゴートレザー(ヤギ革)は、日本では聞き慣れない素材ですが、牛革などと比べて軽い上に、高い耐久性を持つ、

非常に質が高いレザー素材です。シボ模様という細かく美しいシワができることでも知られています。
外側にはヨットなどにも使われる帆布素材が使われています。

帆布素材の特徴は、耐久性の高さはもちろん、使えば使うほど、ヨットの帆が年を重ねるように、1つ1つ独特の味わいが出てきます。


カードがぴったり2枚分並ぶ、業界初の「平行カードポケット」
「Tenuis3」を机に置くと「カードをちょうど2枚並べた大きさ」になっているのに気がつきます。実は、この「平行カードポケット」こそが「Tenuis3」の大きな強み。
カード2枚が並ぶギリギリのサイズに設計することで、財布全体の薄さを保ったまま、カードの収納枚数を確保することができます。
各ポケットは3枚まで収納可能。このサイズ感で、6枚ものカードを収納できるのは業界最高クラスです。革素材のため、最初は少しきつめですが、1週間も使うと革が慣れ、ちょうど良く収まるように縫製が工夫されています。


コインが偏らないディバイダー(仕切り)で、かさばらない財布を実現
どんなに薄く作っても、いろいろと入れると膨らんでしまうのが、薄型の財布の宿命です。中でも、やっかいなのがコインです。「Tenuis3」はコインが一方に偏るのを防ぐディバイダー(仕切り)を設置。


コインが一箇所で重なりにくいため、財布が膨らむこともありません。

ファスナーも、凹凸のない薄型ファスナーを使用。実際に使用するシーンでも、財布が膨らまないように徹底的な工夫を詰め込みました。


鍵や電子カードを収納できる2つの隠しポケット
「Tenuis3」のお札が入るメインポケットには、2つの隠しポケットがあります。
それぞれカードが1枚と、鍵が1枚入ります。カードポケットはSUICAなど、

頻繁にタップするICカードを入れるのにピッタリ



寸法
幅90mm × 長さ110mm × 分厚さ6mm(非収納時)
収納
カード6枚推奨(8枚)、紙幣、硬貨、鍵、小物など
リターン
全3色(青藍・鉛灰・漆黒)

帆布、ゴートレザー(ヤギ革)、ポリプロピレン(PP)、硬質塩化ビニール(PVC)

加工

蝋(ろう)引きパラフィン加工




Tenuis3 訳あり値下げ品

  • Product Code: W5-Defective
  • Availability: Pre order
  • JPY¥5,800



Tags: Tenuis3